読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「オブジェクト指向プログラマが次に読む本 Scalaで学ぶ関数型入門」を読んだ

基本的に関数型言語ScalaJVM言語も初心者なのでその前提で書かせていただきます。

Scala興味なくても関数型と並列に興味がある人なら必要最低限の情報がうまく俯瞰できるようになっていて非常にいいです。関数型プログラミングの基本概念の副作用、単一代入、参照透明性、カリー化、部分適用、遅延評価、クロージャー、再帰、周りが丁寧に解説されています。アクタープログラミングとパーサーコンビネーターのところもまとまっていてわかりやすかったです。

ただ、タイトルのつけ方で若干損をしている感じはした。

関数型やScalaやりたいんだけど若干敷居高いなと感じてる初心者にはおすすめかと思います。

オブジェクト指向プログラマが次に読む本 ?Scalaで学ぶ関数脳入門

オブジェクト指向プログラマが次に読む本 ?Scalaで学ぶ関数脳入門

追記

Scala抑えたいなら通称コップ本である。「Scalaスケーラブルプログラミング第2版」や並列処理周りの「Effective Akka」とかもあるといいかもです。コップ本ないとつらいです。電子版早くでてください。


Scalaスケーラブルプログラミング第2版

Scalaスケーラブルプログラミング第2版

Effective Akka

Effective Akka